種田梨沙の本名や性格、出身高校も!彼氏は櫻井孝宏?人気キャラも紹介!

かわいいのに男前な雰囲気で大人気の声優、種田梨沙さん。彼女は、2016年から2017年まで病気のため休養をとっていました。しかし、元々声優として実力の高い方です。現在は、少しずつですが出演も増えているのでうれしい限りです。
加えて、つい目がいってしまう美しいふとももを持つ女神のような種田梨沙さんの、太ももが出る衣装を、ファンはある意味楽しみにしているようです。
今回は、そんな名実共に大人気声優の種田梨沙さんに注目し、本名や性格、出身高校など色々と紹介します。さらに、彼氏と噂の櫻井孝宏さんとの熱愛問題についても詳しく紹介します。

種田梨沙の本名や性格、高校など

プロフィール
名前:種田梨沙(たねだりさ)
生年月日:1988年7月12日
身長:153cm
出身地:東京都
血液型:A型
家族:既婚の兄が二人
出身校:都内の美術系大学のデザイン科(美術の中高校教諭1級免許も取得している)
趣味:カフェ巡り、パソコン
特技:イラスト
好きなモノ:梅干しなどのシソ味、抹茶味、焼肉(生肉も好き)
事務所:大沢事務所
愛称:種ちゃん、種さん、お種さん(赤崎千夏からは“シード君”と呼ばれている)
好きな男性のタイプ:優しくて紳士的な人、手がキレイな人

『新世界より』の「渡辺早季」役で初主演。同作で主題歌も担当した。

最初に、改めて種田梨沙さんがどんな人なのか、本名や性格、さらには出身高校について色々と詳しく紹介します。

種田梨沙の本名について

種田梨沙さんの本名について正式に公表されていませんが、どうやら本名の可能性が高いです。美術系の大学を卒業している種田梨沙さんが、その大学で作成した展示会サイトに種田梨沙さんの作品が名前入りで載っているようなので、間違いなく本名と言えるでしょう。
そもそも、“種田”は珍しい名字です。デビューのきっかけも、ラジオ番組のオーディションに合格し現在の声優としての第一歩を踏み出したので、その時から名前も変わっていない事からも信憑性が高いと言えます。

種田梨沙の性格は実は努力家

種田梨沙さんは、自分は落ち込みやすい性格だと公言していますが、過去の経歴から考えても、実は努力家で前向きな性格をしていると思います。
学生時代に芸能活動禁止の中、独学で声優を目指して勉強していた事も凄いですが、見事ラジオのオーディションに合格出来たのは、そんな彼女の努力あっての賜物です。才能だけでなく努力したからこそ、誰もが認める演技派人気声優であり、数多くの作品で主役やメインヒロインに抜擢されています。
他にも、兄二人いる環境で育っているせいか、自身の事を男の子っぽい性格だと公言しています。可愛いビジュアルに天使のような笑顔、加えて男の子っぽい性格となれば、これはもう世の男子達が放っておけないほど魅力的な女性ということです。マイナス要素が見当たりません。
加えて、声優をしている方に多く見られますが、中二病を患っているそうです。

種田梨沙の出身高校は美術系の中高一貫校

種田梨沙さんの出身高校ですが、女子美術大学に通っていた事から、出身高校は附属の中高一貫の美術系女子校を卒業している可能性が高いです。
『継うたわれるものらじお』出演時に、後輩が東京五輪のロゴデザインを後輩がしたと言う話をしてしまい、その後輩が女子美術大学の方だったので、そこから出身大学が発覚しました。
さらに、最初に紹介した展示会サイトに種田梨沙さんの絵が載っていた事を含め、出身大学に関してはほぼ決まりです。

出身高校がその附属だと考えられる理由は、附属は中高一貫であり、中高共にダンス部所属していた事により、出身高校は女子美術大学附属高校だと推測されます。高校時代には英国同好会なる部活にも所属していたようなので、お嬢様だったのかもしれません。
そんなお嬢様高校だからこそ芸能活動禁止だったのでしょうが、種田梨沙さんの夢を諦めない底力が今の人気声優としての実績に繋がっています。


スポンサーリンク

彼氏は櫻井孝宏?熱愛の噂について

アラサーと言えども、男子なら誰しもが振り向くほどの容姿ですから彼氏の1人や2人いてもおかしくないでしょうが、あまり男性に関する話がありません。高校時代には彼氏もいたいらしいという噂もありますが、あくまでもネット上だけの噂なので信憑性の薄い話です。
そんな種田梨沙さんの、熱愛相手として噂になった櫻井孝宏との関係性について詳しく紹介します。

彼氏が櫻井孝宏という噂の真相

種田梨沙さんの彼氏が櫻井孝宏さんだという熱愛の噂ですが、実のところ全くのデマでした。櫻井孝宏さんといえば、声だけでなくビジュアルもかっこいいイケメン人気声優さんの1人です。そして、多くの作品でメインキャラクターを演じ、第一線で活躍し続けている名実共に大人気の声優さんです。

そんな櫻井孝宏さんは、過去にわかっているだけでも6人の声優さんとの熱愛報道があり、2股で修羅場になった挙げ句、共演にストップがかかっている声優さんもいるようです。ですが、2014年には結婚していたという噂が出回った際、その噂の渦中にいたのが種田梨沙さんです。
しかし、2014年といえば26歳の種田梨沙さんが『ご注文はうさぎですか?』や『極黒のブリュンヒルデ』など多くの作品に出演し多忙な毎日を送っていた頃です。
二人の接点といえば、2013年に放送された『機巧少女は傷つかない』程度しかなく、急接近し交際が深まったとは考えにくいです。キャラ同士の絡みを考えても、そこまで現場が常に被っていた可能性も少ない気もします。

現状、種田梨沙さんと櫻井孝宏さんとの噂が広がる事はなく、ただの噂として消えています。

彼氏が櫻井孝宏という噂になったきっかけ

そもそも、種田梨沙さんと櫻井孝宏さんの熱愛という噂になったきっかけは、あるツイートと地方にある2ちゃんねるサイトへの投稿が原因となっていました。
まずは、アニメーション演出家の方が友人の結婚式に出席した際のTwitter投稿が、噂の始まりとなりました。その結婚式には、アニメ業界の方々が多く参列し、当然多くの声優さん達も出席していました。会場にいた声優さんの1人に櫻井孝宏さんがいて、実は櫻井孝宏の結婚式だったのではないかという噂に火がつきました。
そんな話から、実は櫻井孝宏さんは結婚していたのではないかという噂になり、本人も噂を否定しつつ、もし結婚したとしても公表しないと宣言しています。

そこで終わりかと思いきや、結婚を公表しない櫻井孝宏さんの実は既婚説に拍車をかける投稿が地方の2ちゃんねるから登場します。そのツイートでは、櫻井孝宏さんの地元で櫻井孝宏さんの実家が米屋さんという情報が重なり、さらに若い声優の奥さんと双子の子供連れで歩いていたとありました。

ここまで詳細な情報がツイートされた事により、櫻井孝宏さん既婚説が再浮上しました。丁度その時が種田梨沙さんの長期休養のタイミングと重なり、彼氏熱愛の噂に繋がります。ネットでは、種田梨沙さんの結婚・出産説が同時期に騒がれており、噂と噂が合流したところで種田梨沙さんと櫻井孝宏さんの熱愛&結婚、さらに双子を出産という話へ膨れ上がっていきました。

あくまでも憶測の域を出ることはなく、噂でしかない話なので種田梨沙さんはちょっとしたトークネタにする程度です。そもそも多忙な中、種田梨沙さんが妊娠していたという話ありませんし、スケジュールを見ても双子を身ごもってさらに出産している暇はありません。

ですが、噂の元となった双子の子供と可愛くて若い声優の奥さんをもらった、実家が米屋の声優さんが誰なのかは今も判らずじまいです。

種田梨沙が演じた人気キャラを紹介!

最後に、声や演技の実力はもちろん主演率も高く、名実共に大人気声優の種田梨沙さんが演じた人気キャラを紹介します。主演作含め多くの作品で特徴的なキャラクターを演じた種田梨沙さんのキャラクターはどれも良いのですが、今回は少しだけ紹介します。
ちなみに種田梨沙さんは、何故か青や紫色の髪をした美少女役の比率が多い傾向にあります。最近は金髪系の役も増えつつあるようです。

『ゆゆ式』
日向緑
のんびり日常系アニメ『ゆゆ式』のマイペース天然娘「日向緑」は、その性格から他の2人をゆるっとまとめる大事な存在となるキャラクターです。
お嬢様の普通は、一般人からすれば驚きの天然要素でしかありません。

『きんいろモザイク』
小路綾
「小路綾」は、ツインテールでツンデレ要素もあるかわいいキャラクターです。
種田梨沙さんの復帰後の活躍を見られたので、色々な意味で感慨深い作品です。

『ご注文はうさぎですか?』
リゼ(天々座理世)
『ごちうさ』キャラクターの中では、一番のしっかり者な「リゼ」ですが、サバイバル関連への脱線や意外とシャイな一面を持つので、他のホワホワ系にはない魅力を持つキャラクターです。
カッコかわいい系の美少女として、人気の高いお姉様です。

『ストライク・ザ・ブラッド』
姫柊雪菜
真面目な委員長系はツンデレキャラですよねという属性を再確認させられるキャラクターです。
メインヒロインというだけでなく、決めゼリフも含め印象に残る美少女です。

『境界の彼方』
栗山未来
眼鏡属性でドジっ娘というキャラクターですが、あんな美少女に命を狙われたら仲良くなるしかありません。
不愉快と言われてもいいので、ずっと見守っていたくなる可愛い美少女です。



今回は、種田梨沙さんの本名や性格、出身高校だけでなく、噂の彼氏櫻井孝宏さんとの熱愛について色々と紹介しました。
まだまだ本調子ではないかもしれませんが、体調を崩さずこれからも仕事を続けて欲しいと願っています。
これからも多くの作品に登場する種田梨沙さんを応援していきましょう。


スポンサーリンク