朴ロ美(ぱくろみ)独立の理由と個人事務所LALの意味!気になる国籍や結婚についても!

「鋼の錬金術師」の主人公エドワード・エルリックの声で知られる声優の朴ロ美(ぱくろみ)さんが所属していた円企画を退所し独立したことを2017年11月15日に発表しました。
今後は自身が設立した個人事務所LALのもとフリーランスとして活動するようです。

朴ロ美(ぱくろみ)のプロフィール・出演作

プロフィール
名前:朴ロ美(ぱく ろみ)
生年月日:1972年1月22日
年齢:
出身地:東京都
身長:161cm
血液型:AB型
主なアニメ出演作
鋼の錬金術師(エドワード・エルリック)
NANA(大崎ナナ)
∀ガンダム(ロラン・セアック)
NARUTO -ナルト-(テマリ)
BLEACH(日番谷冬獅郎)

受賞歴
・「東京国際アニメフェア2004」にて声優賞を受賞
・「第1回声優アワード」において『NANA』の大崎ナナ役で主演女優賞を受賞


スポンサーリンク

独立の理由と個人事務所LALの意味について

まず朴さんが独立することになった円企画というのはどういった事務所なのでしょうか。
そもそも円企画というのは声優事務所ではないようで「演劇集団 円」に在籍する俳優たちをマネージメントするためにある事務所のようです。ちなみに現在の「演劇集団 円」の代表は橋爪功さんだそうです。

朴さんは1993年に円演劇研究所へ入り、2年後の1995年に「演劇集団 円」の会員に昇格しその後22年間在籍していました。その22年間いた事務所を離れなぜ独立の道を選んだのか、その理由ですがニュースや朴さん本人のSNS等でも具体的には伝えられていません。

22年もの長きに渡りお世話になった事務所を離れることは大海に小舟で漕ぎ出すような気持ちで不安もありますがこの歳でそんな冒険に旅立つことが出来るチャンスを頂けたことはとても幸せなことだとも思っています。
【引用元:http://www.romi-park.com/pages/1419447/blog】

こちらは独立発表後、朴さんが更新したブログ記事の一文です。
これを読む限り事務所とはトラブル的なことはなく円満退社のように見えますね。

実は朴さんは飲食店を経営していたことがあったり現在進行形で声優育成私塾「スタジオ カンブリア」というのを運営していたりと事業家としても活動しています。
ですので事務所に関しても元々独立志向があった可能性が高いですね。そしてタイミング的に今がちょうど良かったというだけのことだったのかもしれません。

個人事務所LALの意味

朴さんが設立した個人事務所LALですがこのLALというのどういった意味なのか気になりました。まさかロサンゼルス・ レイカーズの事じゃあるまいしw
調べてみたところ朴さんの個人事務所のサイトでも説明していましたがこのLALとはカブトガニの血球抽出成分 (Limulus Amebocyte Lysate)の事のようです。
なぜそのように名付けたかという理由ですが朴さんがサイトで説明しておられたのですが自分には難しすぎてよく分からなかったので原文ママ引用させていただきます(^^;)


【出典元:http://www.romi-park.com/pages/1422938/lal】

朴ロ美の国籍や結婚について!夫や子供はいる?

朴ロ美さんの名前を初めて聞いた方は”あれ日本の方じゃないのかな”と必ず気になると思います。東京でお生まれになっていますが、父祖が韓国の人のようです。国籍についてですが朴さんは2015年12月25日、日本に帰化したとのことです。

朴さんは現在45歳とのことですから結婚しているのかも気になるところです。ネットを隅々まで調べたわけではありませんがどうやら結婚はしていないようです。子供についての情報もなかったので結婚をせずにシングルマザーをしているということもなさそうです。


スポンサーリンク